So-net無料ブログ作成

釣鐘みてある記 向渕から大和富士 [釣鐘みて歩き]

2016年10月30日(日) 釣鐘みて歩き 向渕から大和富士

室生口大野駅から北の山に登ると、山の中に集落がある。
向渕(もううじ)と言う。名張から針に幹線道路が通っている。
ここから、大和富士の裾野に道がある。ずっと、舗装道路だ。

今日は起きるのが遅かった。駅に着いたら11時半頃だった。

005-17.jpg


006-17.jpg


「向渕 (むこうじ)」
012-17.jpg

名張から針に抜ける幹線道路が通っている。
標高約420m。室生口駅から150mほど登ったことになる。


011t-27.jpg


「正定寺」
014-17.jpg
ここにも、高橋さんの釣鐘がある。


「やまびこホール」
031-17.jpg

ここで、お昼にした。


「安楽寺」
037-17.jpg

ここに、にしざわの釣鐘がある。


042-17.jpg


043t-25.jpg
若林さんが注文を聞き、にしざわが作った。


054-17.jpg

向渕とはお別れして、又、山に登る。


058-17.jpg


068-17.jpg

この辺り、今日の一番高い所で、530mほどあった。


「十八神社」
073-17.jpg
大和富士の登り口だ。今日は登らないよ。


074-17.jpg

天満台からバスに乗ろうと思ったが、30分も待ち時間がある。
30分も歩いたら、駅に着いてしまうと歩き出した。1時間、かかってしまった。

榛原駅まで、本日の歩行距離、約16kmだった。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。